お久しぶりです。アッキーです。49日も終わり納骨もすみまして長かった介護生活を思い出しています。最初に祖母が認知症になりはじめたときは三味線をしていたのですがそのお稽古の時の服装をよく間違えるようになったことからでした。ものわすれが激しくなったんですよね、そのころから自分で料理することもなくなりベッドの上に寝てテレビをみるという生活が多くなりました。

ちょうど10年くらいですかね?本当にいろいろありましたね・・・ですが最初のころは軽度だったので一緒にドライブいったりもできたのですよ、2年ぐらいたったころからでしょうか認知症が進み始めたのは。電話を頻繁にするようになったのですが同じことを何回も聞くようになって会話が成立しなくなってきたのです。それを電話の相手から聞いてそろそろ認知症が進行しはじめていると家族も気づき始めたのです。

それからは祖母の近くに電話をおかないようになりました、悲しいですが仕方なかったです。

今日はこの辺で。また近々日記を更新します。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>